神と共に 第一章 罪と罰 評価・感想まとめ

「神と共に 第一章 罪と罰」は、2017年に韓国で公開されたファンタジー映画です。韓国のWebコミックを原作としていて、歴代3位となる観客動員数1,441万人を記録しました。2018年に続編の「神と共に 第二章 罪と罰」が公開されました。

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

あらすじ

人間は死ぬと49日間に7つの地獄の裁判を受けなければならず、すべてを無罪で通った者だけが現世に生まれ変わることができる。ある日、死を迎えた消防士ジャホンの前に、冥界からの使者で地獄の裁判の弁護と護衛を務めるヘウォンメクとドクチュン、カンニムが現れる。生前の善行が認められ、19年ぶりの貴人として転生を確実視されるジャホンだったが、裁判が進むにつれて地獄鬼や怨霊が出現し、冥界が揺らぎはじめる。

出典:映画com

日本サイト 評価まとめ

出典:Filmarks
  • 映画com ユーザースコア 3.8/5  レビュー数 59
  • 冥界と現生を舞台に、アクション、ファンタジー、涙あり笑いありの娯楽作品。
  • Yahoo映画 ユーザースコア 3.91/5  レビュー数262件  
  • VFXのクオリティ高く、CGを駆使した高速バトルが魅力的。
  • Filmarks ユーザースコア 3.9/5   レビュー数4066
  • 地獄の描写が幻想的で、アトラクション感覚で楽しめる。

海外サイト 評価まとめ

  • imdb ユーザースコア 7.3/10 レビュー数10367
  • 冥界の使者たち3人のキャラが立っていて魅力
  • Metacritic ユーザースコア 8.1/10  レビュー数17件   
  • ファンタジー、アクション、人間ドラマ、様々な要素が盛り込まれた娯楽作。
  • Rotten Tomato ユーザースコア 84/100  レビュー数606件  批評家スコア 63/100 レビュー数8
  • スケール感の大きさ、使者と地獄巡りという展開が斬新。
  • 豆瓣  ユーザースコア 7.8/10   レビュー数166950件 
  • 地獄の描写が幻想的で、映像技術が凄い。
  • 다음  ユーザースコア 7/10   レビュー数6430
  • 思考も感情移入も追いつかないほどの展開の速さで、設定の粗が目立つ。
  • КиноПоиск  ユーザースコア 7.2/10   レビュー数1813
  • 上映時間は長いが、愉快なキャラクターに魅力的な地獄の設定、感動するヒューマンストーリーによって、長さを感じさせません。

平均スコア:7.55/10

類似する映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です